読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶるーすくりーん

ぽんこつプログラマ日記

Vagrant の provision を Ansible で行う

vagrant Ansible

Vagrant の provision を Ansible で行う方法を紹介します。 Ansibleの使い方については、Ansibleをためしてみた を参照してください。

流れ

  • Vagrantfile作成
    ここにAnsibleでprovisioningを行うための設定を記述します。
  • Inventoryfile作成
    ここでAnsibleにどのグループにどのマシンをひもづけるかを教えてあげます。
  • Playbook作成
    ここでAnsibleにこんな処理をしてねって書きます。
  • Box作成

Githubにここで説明するサンプルプロジェクトをコミットしてあるので、参考にしてみてください。

Vagrantfile作成

provisionにansibleを設定

    config.vm.provision "ansible" do |ansible|
      ansible.limit = 'all'
      ansible.inventory_path = "hosts"
      ansible.playbook = "provisioning/playbook.yml"
    end
  • ansible.limit = 'all'
    Vagrantfileのマシン名とansible.inventory_pathで指定したInventoryfile内のましんめマシン名対応づけるためのおまじない。文字列、または配列で具体的なマシン名やグループ名を設定することもできるみたい。
  • ansible.playbookにPlaybookのパスを設定
  • ansible.inventory_pathにInventryfileのパスを設定

network設定
AnsibleからゲストOSにつなぐ際に使用するので、IPアドレスを割り当てておく。

  config.vm.network "public_network", ip: "192.168.0.21"

以上の設定を行って以下のようなVagrantfileを作成します。

Vagrantfile for provisioning by Ansible

Ansibleの設定

Inventoryfile作成

上記Vagrantfileansible.inventory_pathで指定したAnsibleのInventoryfileを作成しておきます。

centos65-hubot % cat << EOF > hosts
[servers]
192.168.0.21 ansible_ssh_user=vagrant ansible_ssh_private_key_file=~/.vagrant.d/insecure_private_key

EOF

上記例では、以下のような設定をしています。

  • serversグループに192.168.0.21のマシンを紐付け
  • AnsibleからSSHする際にユーザvagrantを設定
  • AnsibleからSSHする際にvagrant用の設定を使用するための設定

Playbook作成

上記Vagrantfileansible.playbookで指定したAnsibleのPlaybookを作成しておきます。

centos65-hubot %  mkdir provisioning
centos65-hubot %  cat << EOF > provisioning/playbook.yml
- hosts: servers
  sudo: yes
  tasks:
    - name: be sure nodejs is installed
      yum: name=nodejs state=latest

    - name: be sure npm is installed
      yum: name=npm state=latest

    - name: be sure libevent-devel is installed
      yum: name=libevent-devel state=latest

    - name: be sure coffee-script is installed
      npm: global=yes name=coffee-script state=latest

    - name: be sure hubot is installed
      npm: global=yes name=hubot state=latest

    - name: be sure myhubot is created
      command: hubot --create myhubot

EOF

上記例では、以下を実行するように定義してあります。

  • Inventoryfile(hostsファイル)で指定したserversグループに対して処理を実行。
  • sudoユーザで実行
  • タスク一覧
    • yumnodejsの最新をインストール
    • yumnpmの最新をインストール
    • yumlibevent-develの最新をインストール
    • npmでglobalにcoffee-scriptの最新をインストール
    • npmでglobalにhubotの最新をインストール
    • hubot --create myhubotコマンドを実行してmyhubotって名前のhubotくん作成

Box作成

準備ができたので、vagrantを起動してprovisioningを行ないます。

centos65-hubot % vagrant up

コーヒー飲みながらprovisioningの完了を待ちます。
完了したら、hubotが正しくインストールされているか確認します。

centos65-hubot % vagrant ssh
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ ls
myhubot
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ cd myhubot
[vagrant@vagrant-centos65 myhubot]$ sudo bin/hubot
Hubot> 

お疲れさまでした。